ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

英雄ナポレオンのペニスは小さかった

英雄ナポレオン・ボナパルトは夜が苦手だったそうです。彼が死亡したあと、ある医師が発見した当時の文献には次のように書かれていました。「前立腺に腫瘍のあとがあり、睾丸とペニスは小さい。彼に性欲はなかったようだ。」

 

イタリアで18世紀に活躍した作家、というより1000人斬りで有名なジャコモ・カサノヴァでさえ、晩年は力尽きたようです。薬学に通じたカサノヴァは、いろんな媚薬を調合したようですし、美少女の奴隷を調教、実技でも秘策を試したのですが、回想録には「どうがんばってもダメだ」と書かれています。

 

中国は閨房術(けいぼうじゅつ)の元祖だけに古代からEDの悩みと向き合ってきました。インポ治療法は3世紀ごろの作と言われている「素女経」に明記されています。中国の伝説上の帝王、皇帝もEDの経験があり、仙女の素女に助けを求めました。

 

素女は、陰陽の気を整えて女の精気である唾液を吸って、「七損(しちそん)」と言われる七つの無駄なセックスを控えて、「八益(はちえき)」という体によい八つの正攻法を行うことをすすめました。

 

李志綏(リチスイ)が書いた「毛沢東の私生活」によると、毛沢東の下半身も還暦を過ぎてからは衰えてしまったようです。トナカイの角エキスをはじめとする催淫剤、新薬の臀部注射など、医者と薬剤師を総動員して対策を講じたようです。

 

前立腺検査で生殖能力がなくなったと判明したときは、「宦官(かんがん)になれというのか」とえらく落ち込んだとのことです。しかし、文化大革命のあとは、権力を一手に握ったことで、急にEDが癒えて若い女性を常に侍らせていたといいます。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

ED(勃起不全)治療克服@メール通信講座の無料請求は済んでいますか?
EDを自宅で短期間で本質的に克服する方法を学ぶことができます。

 

≫無料メール通信講座の購読は今すぐこちらをクリック

英雄ナポレオンのペニスは小さかった | ED治療・勃起不全講座関連ページ

あの有名人もEDだった!
こちらは「あの有名人もEDだった!」の記事をご紹介しています。
ブルボン朝はEDの宝庫
こちらは「ブルボン朝はEDの宝庫」の記事をご紹介しています。