ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

EDと加齢臭

加齢臭とは、俗に言うオジサンくさい臭いのことです。娘さんからドン引きされたり、電車のなかでも周囲を不快にさせたりすることがよくあります。

 

一般的には40歳くらいから発生すると言われています。早ければ20代や30代でも加齢臭になる人もいます。実は、この加齢臭の原因はEDと同じく、酸化ストレスです。内臓脂肪が活性酸素をつくりだすのですが、この活性酸素多くなると、抗酸化物質によって分解されない活性酸素が体内に残ります。

 

この状態を酸化ストレスといいます。この酸化ストレスが高まって、活性酸素の量が増えると、からだのなかの脂肪分が酸化されてノネナールという物質に変わります。このノネナールが加齢臭を引き起こすのです。酸化ストレスが高くなればなるほどノネナールが増えるので、それだけ加齢臭がひどくなるということです。

 

したがって、加齢臭がきつければきついほど、酸化ストレスが高くなりますのでその酸化ストレスがEDを引き起こしている可能性が高いということです。もし、自分で加齢臭がきついと思ったり、周りから指摘されたら、EDである可能性を疑ってみてもいいかもしれません。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

ED(勃起不全)治療克服@メール通信講座の無料請求は済んでいますか?
EDを自宅で短期間で本質的に克服する方法を学ぶことができます。

 

≫無料メール通信講座の購読は今すぐこちらをクリック

EDと加齢臭 | ED治療・勃起不全講座関連ページ

EDと高齢者
こちらは「EDと高齢者」の記事をご紹介しています。
ペニスの動脈
こちらは「ペニスの動脈」の記事をご紹介しています。
加齢とペニスの角度
こちらは「加齢とペニスの角度」の記事をご紹介しています。