ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

EDとメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内蔵脂肪の量が120平方メートル以上で、高脂血症、血圧、血糖値のうち二つ以上が基準値をこえていることをいいます。

 

内蔵脂肪を測るためにはCTスキャンなどが必要になるため、簡単な方法として、お腹まわりを目安にしています。おへその高さの腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上だとメタボリックシンドロームです。メタボリック(Metabolic)は「代謝」を意味し、シンドローム(Syndrome)は「症候群」を意味します。メタボリック症候群と診断された男性のなかには、EDであるケースがちょくちょく見受けられます

 

。食べ過ぎと運動不足により、内蔵脂肪ができて、代謝に異常をきたすことがあります。EDの原因は、それらの内蔵脂肪が発生する活性酸素にあります。この活性酸素の量が増加してくると、体のなかに消去されない活性酸素が残ります。このような状態のときには、血管が拡張しにくくなり、充分な血流が得られなくなります。これらが、生活習慣病の原因となり、さらにはEDの原因に繋がります。このようにEDと内蔵脂肪には密接な関係があります。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

ED(勃起不全)治療克服@メール通信講座の無料請求は済んでいますか?
EDを自宅で短期間で本質的に克服する方法を学ぶことができます。

 

≫無料メール通信講座の購読は今すぐこちらをクリック

EDとメタボリックシンドローム | ED治療・勃起不全講座関連ページ

EDと生活習慣病
こちらは「EDと生活習慣病」の記事をご紹介しています。
EDとうつ病
こちらは「EDとうつ病」の記事をご紹介しています。