ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

EDと男性ホルモン

オギャーとお母さんのお腹から出てきたときに、おちんちんがついているかどうかで男女に区別されます。

 

思春期を迎えるまでは、それほど性別を意識しません。しかし、10歳をこえる頃になると、睾丸やペニスが大きくなり、毛が生えて、声変わりをしてきます。このように男性ホルモンが分泌されるようになると、男を自覚するようになります。

 

男性ホルモンの原料は、コレステロールです。主なものにはテストステロンがあり、ほとんど睾丸でつくられます。この男性ホルモン(=テストステロン)は、男性特有の筋肉質なカラダをつくり、性欲や精子の形成に働きかけます。また、最近の研究でわかってきたことですが、このテストステロンが減少してくると、ものごとの記憶力や判断力が衰えてきて、抑うつ状態になるだけでなく、性機能がダウンしてEDになりやすくなります。

 

さらに、筋肉が減って、内臓脂肪が増えて、骨も弱くなってきます。いわゆる、生活習慣病になる確率が高くなります。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

EDと男性ホルモン | ED治療・勃起不全講座関連ページ

EDの2大原因
こちらは「EDの2大原因」の記事をご紹介しています。
EDと酸化ストレス
こちらは「EDと酸化ストレス」の記事をご紹介しています。
EDとタバコ
こちらは「EDとタバコ」の記事をご紹介しています。
EDとサイクリング
こちらは「EDとサイクリング」の記事をご紹介しています。