ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

EDとタバコ

タバコは酸化ストレスの大きな要因です。

 

タバコのパッケージには警告文が印刷されています。たとえば、日本の場合は「喫煙は、あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます。疫学的な推計によると、喫煙者は心筋梗塞により死亡する危険性が非喫煙者に比べて約1,7倍高くなります。」とか「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります。」などと書かれています。

 

このように、タバコは酸化ストレスを発生させて、DNAを損傷させることが問題になっています。EDでも同じことが言えます。タバコの強烈な酸化ストレスが血管を傷つけて、EDになりやすくさせます。

 

さらには、タバコのニコチンがペニスの血管を収縮させて、血行を悪くさせて勃起をしにくくさせたり、タバコの一酸化炭素が精子のもとになる細胞を壊すなどの害を及ぼします。イギリスの医学協会誌に掲載されたある調査によると、1日に20本以上のタバコを吸う男性が精力に不安を感じる割合はタバコを全く吸わない男性より40%も高く、1日に20本未満のタバコを吸う人の場合でも、吸わない男性より24%高いという結果となったそうです。

 

喫煙が、勃起に悪い影響を与えるのは明らかです。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

EDとタバコ | ED治療・勃起不全講座関連ページ

EDの2大原因
こちらは「EDの2大原因」の記事をご紹介しています。
EDと男性ホルモン
こちらは「EDと男性ホルモン」の記事をご紹介しています。
EDと酸化ストレス
こちらは「EDと酸化ストレス」の記事をご紹介しています。
EDとサイクリング
こちらは「EDとサイクリング」の記事をご紹介しています。