ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

EDと酸化ストレス

男性ホルモンは、性欲と密接な関係があります。異性を惹きつけるフェロモンを発生させる働きやドーパミンという興奮作用を促す情報伝達物質を増加させる効果があります。また、男性ホルモンは、血管や神経に作用して一酸化窒素やサイクリックGMPという分子をつくり勃起を促します。

 

したがって、男性ホルモンが減ると、性欲が衰えて、EDになりやすくなります。さらに、男性ホルモンであるテストステロンと酸化ストレス、そしてEDには、深い関連性があります。

 

まだEDなんか関係ないと思っている人でも、男性ホルモンと酸化ストレスの度合いを調べると、EDかどうかがわかるのです。逆に、EDかなと心配している人でも、男性ホルモンと酸化ストレスに問題なければ、EDの心配はないということになります。

 

つまり、男性ホルモンの減少が始まったときから、バランスの良い食事を心がけて、運動をする習慣を取り入れておかないと、近い将来EDになる可能性が高くなるということです。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

EDと酸化ストレス | ED治療・勃起不全講座関連ページ

EDの2大原因
こちらは「EDの2大原因」の記事をご紹介しています。
EDと男性ホルモン
こちらは「EDと男性ホルモン」の記事をご紹介しています。
EDとタバコ
こちらは「EDとタバコ」の記事をご紹介しています。
EDとサイクリング
こちらは「EDとサイクリング」の記事をご紹介しています。