ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

【2】食事の回数と睡眠時間の関係

昔から健康の秘訣は、腹八分目といわれます。

 

食事をすると、胃や腸などの消化器官に、血液と酸素を大量に送って消化活動を活発にしないといけないので、取り入れた酸素は脳へはあまり送られません。そのため、呼吸は浅くなり、脳の働きも低下してしまいます。

 

あなたも、食事をお腹いっぱいにとると眠くなった経験があると思います。心が休息を求めますので、行動力がガクンと落ちます。

 

一日に三食とることが常識になっていますが、それに間食を入れると、それだけ長い時間の消化吸収運動を行わなければならないので、脳に送る血液量が少なくなってしまいます。従って、それだけ脳の活動も低下してしまうのです。

 

また、これは睡眠時間にも影響を及ぼします。食事の回数と睡眠時間には深い関係があります。一日に三回食事をとる人は、8時間の睡眠が必要です。二食だったら6時間、一食だったら睡眠時間は3?4時間以内で充分です。量より質を求めるなら、一日一食でも充分です。むしろ、そのほうが健康でいられます。さらに、カラダも軽く感じ、行動も敏感になり、激しい運動にも耐えられます。アマゾンで「一日一食」と検索すると、多くの本がでてきます。

 

このように一日一食を実践している人は結構います。禁煙に挑む人と同じくらい多いと言われています。例えば、ヨガの修行者は、極めて少ない少量の食事で十分に活動しています。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

ED(勃起不全)治療克服@メール通信講座の無料請求は済んでいますか?
EDを自宅で短期間で本質的に克服する方法を学ぶことができます。

 

≫無料メール通信講座の購読は今すぐこちらをクリック

【2】食事の回数と睡眠時間の関係 | ED治療・勃起不全講座関連ページ

【1】少量の食事で満足感を得る方法
こちらは「【1】少量の食事で満足感を得る方法」の記事をご紹介しています。