ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

【1】少量の食事で満足感を得る方法

人間の機能は、本当に不思議なものですね。少量の食事でも時間をかけて、できるだけゆっくりとれば、食べている内に、血液の血糖値が少しずつ上昇し始めます。それが、ある一定の値まで達すると、急速に満腹感が生まれます。

 

これは、少量の食事でも、時間をかけてゆっくりと、何回でも噛むと、血糖値が上昇したことによって、満腹中枢と言われる神経が刺激を受けて、少量の食事でも十分に満腹感を感じることができます。これが減量のコツです。

 

血液中の糖が増加すると食欲が抑えられて、血糖が減少すると食欲が回復します。正常な血糖値は100ml中に80から100mgですが、内分泌系の伝える情報は、その血糖値の増減を情報として、脳の食欲中枢の司令で、食欲を左右する仕組みです。

 

少量の食事だから、これまでみたいに満腹感を感じるどころか、空腹感になってしまったら、仕事も疲れて夜も寝ていられないと思うでしょうが、心配はまったくありません。

 

人間は、少量の食事でも十分に生きて行くことができます。かえってそのほうが健康でいられます。いままで食欲に向けていた考え方を少し他の趣味に向けると、より効果的かもしれません。

 

なお、空腹時も血糖値が60mg%以下に下がらないのは、肝臓を中心として血糖値を正常水準に保とうとする各種ホルモンの調整機能が働いているためです。インシュリンに対抗するホルモンとしてはACTH(副腎皮質刺激ホルモン)、グルカゴン、セロキシンなどがあり、グリコーゲンを再びブドウ糖に分解し、血液の中に溶かして血糖値を正常な水準に維持しているのです。

 

食べ過ぎは、すべての悪癖をまねく元凶ですから、食事に対する心の持ち方を正しくすることが大切です。

 

・食事は少量にしてアルカリ質をとる。
・玄米・海草・豆類・濃緑葉菜・小魚・貝類などを食べる。

 

こうすれば、かなりのスピードで体質改善をすることができます。同時に、疲れを知らないスタミナの持ち主になります。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

ED(勃起不全)治療克服@メール通信講座の無料請求は済んでいますか?
EDを自宅で短期間で本質的に克服する方法を学ぶことができます。

 

≫無料メール通信講座の購読は今すぐこちらをクリック

【1】少量の食事で満足感を得る方法 | ED治療・勃起不全講座関連ページ

【2】食事の回数と睡眠時間の関係
こちらは「【2】食事の回数と睡眠時間の関係」の記事をご紹介しています。